磁石を使って録音する

概要

3番目に一般的な方法ではないかと私は考える。
私はやったことがない方法(というか、磁石の及ぼす影響が怖くてできない)。
何かトラブルが発生しても、Wiki管理者は一切責任を負いません。

長所

磁石をスピーカー部分に投げるだけなので、誰にでも簡単に設置でき、取り外せると思われる。
網棚の上にICレコーダーをおいておけば、放っておくだけで録音できる。

短所

磁石を使うので、電子機器に近づけると危険。
磁石がマイクやスピーカーにどれほどの影響を及ぼすかわからない。
最近の車両は、スピーカー部分がステンレス(?)のため、磁石がくっつかないと私は思う。
くっつかなくて磁石を何度も投げると、周りのお客様の迷惑になる。
E233系などのように、スピーカー手前に板(ラインデリアと言うらしい)があると難しいだろう。

録音に適した場所

吸盤を使って録音する方法と同様、基本的にどこでも録音できるが、長所を活かすために、スピーカーの近くに網棚がある所が良いと思う。

  • 最終更新:2015-12-22 20:18:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード